【資格取得】LPIC レベル2

lpic201
lpic202

スコア
LPIC 201 770点
LPIC 202 770点

LPICレベル2は、レベル1の出題範囲であるカーネルやセキュリティなどLinuxの基本知識を肉付けし、代表的なOSS(apacheなどのミドルウェア)の設定方法を追加した資格。
システム監視やストレージ管理、メンテナンスについても触れられており、試験範囲は幅広い。そのため、学習内容は薄く幅広くなり、ソフト同士の繋がりが見えにくく実運用のイメージが湧かない。サーバの保守運用や監視など、MSP事業者(参考:MSPとは)が取得するのに良い資格だと感じた。

勉強方法は、レベル1の時と同じく小豆本を読んで、ping-tのweb問を解けばOK。

Linux教科書 LPICレベル2 Version4.0対応 (EXAMPRESS)
中島 能和
翔泳社
売り上げランキング: 27,680

CCNA/CCNP/LPIC/オラクルマスター/ITパスポート/ITIL総合学習サイト Ping-t – 無料CCNA、LPIC、Oracle Master、ITパスポート問題集、ITILファンデーション、合格体験記、Cisco実機シミュレータ、実機講習

とにかく過去問・類似問題を効率よく練習できれば教材は何でも良い。黒本を買っても、クラムメディアを利用しても、資格試験なので受かることが大切。なお試験問題は細かいオプションを聞く問題が少なく、設定ファイルのパスや簡単なコマンドを打つ問題が増えた印象。レベル1よりも取得しやすい試験と感じた。

関連

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク